数字

今年の夏のバカンス

 Ipsosが行った調査によると、今年の夏はフランス人の69%がバカンスに出かける。昨年に比べて4%増で、オーストリア、スイスを抜いてヨーロッパトップの座に。  そのうち43%がスペイン、イタリア、ポルトガルなど国外に。 […]

ラマダン中の食費は?

 6月14日、約1カ月続いたラマダンが終了。イスラーム信者はこの期間、日の出から日没まで飲食、喫煙、性交渉は断つが、日が沈めば家族一同でごちそうを食べるのが習慣なので普段より食費が34%増す。

SNCF改革案に反対

 SNCF(フランス国鉄)のストが続くなか、組合が行っていた職員投票の結果が5月23日に発表された。幹部も含め職員61.15%が参加し、94.97%が政府の改革案に反対。法的な力はないものの、マクロン政権がどう応えるかが […]

2018年度予算案

 2018年度予算案の関連書類で、各閣僚及び閣僚秘書など232人の給料は税込みで9186€、マクロン政権になってから20.5%増になっていることが判明。定年退職者が一般社会貢献税(CSG)の税率引き上げで苦しんでいるとい […]

ノートル・ダム・デ・ランド占拠者強制排除

 4月9日に開始されたノートルダム・デ・ランド空港旧建設予定地からの占拠者強制排除で、催涙弾などが1万発以上発射され、負傷者が占拠者側272人(重傷10人)に。憲兵隊側は約70人(治療に当たった市民団体による数字)。ニコ […]

国鉄職員スト

4月3日からフランス国鉄職員が大規模なストを開始した。初日は全職員の33.9%、そして機関士は77%が参加し、パリ地域では約75%の列車が運休。TGVも8本に1本の運行に減少した。

冬季パラリンピック

 ピョンチャン冬季パラリンピックでフランスは20個のメダル(金7、銀8、銅5)。特にマリー・ボシェ選手はアルペンスキー(立位)で4種目を制覇した。フランステレビも85時間にわたって実況中継。

国際農業見本市

3月4日、9日間にわたってパリで開催された第55回国際農業見本市が幕を閉じた。テロなどの影響で2016年、17年と入場者数は61万人台で低迷していたが、今年は5万人増の67万人以上の大盛況。

連帯の夜

2月15日、パリ市による初の「Nuit de la Solidarité  連帯の夜」が行われ、ボランティア1700人が参加!パリ職員など300人と共に350のグループに分かれ、3時間パリの通りをくまなく歩きまわり、市内 […]

2017年度の経済成長率

国立統計経済研究所 (INSEE)の発表によると、2017年度の経済成長率は、1.6%という見通しを上回り1.9%に。2011年度以来の好成績だが、失業率の低下にはまだ時間がかかるという。

ディーゼル車の割合

フランスでの2017年度の新車販売台数で、ディーゼル車の割合が50%以下の47.3%になった。ちなみに12年度は73%、16年度は52%だった。大気汚染への配慮よりも、ディーゼル車の燃料(軽油)の課税率が年々高くなってい […]

代理母出産

 日刊紙La Croixの依頼でIFOPが行った世論調査によると、代理母出産に関し、どんな場合でも賛成が18%、医学的理由がある場合のみ賛成が46%で、合わせて64%が賛成という予想外の数字。女性の同性カップルへの人工授 […]