フランスの出来事

パリの最優秀バゲット発表。

 4月17日、パリ市が開催したバゲット・コンクールで、パリ12区のファブリス・ルロワさんが最優秀賞に輝いた。審査団は午後2時から6時半ころまで、228本のバゲットを試食・採点。その後集計が行われ、受賞者を発表した。結果は […]

パリ造幣局、ノートルダム再建メダル発売。

 パリ造幣局はきょう、ノートルダム再建メダルを発売。8€と、65€、199€の3種類。それぞれ、売り上げから6€、20€、50€がフランス文化遺産財団に寄付され、4月15日に一部が火災で焼失したノートルダム大聖堂の再建の […]

首相、大討論を総括する

4/8 黄色いベスト運動を受けて政府主導で1月15日から行われた「全国大討論」の総括を、フィリップ首相がパリのグランパレで発表した。討論会は1万134回開催され、国民がネット、手紙又は陳情ノートによって寄せた意見は193 […]

「本物の」 カマンべール。

 原産地呼称保護(AOP)カマンベールが変わろうとしている。現在、市場にはAOPに含まれる「伝統製法のカマンベールCamenbert de Normandie」と、含まれない「ノルマンディ産カマンベールCamenbert […]

学校改革に教員デモ

4/4 ブランケール教育相が提出した学校改革法案に反対する教員のデモやストが続いている。4月4日のストでは全国の幼小中高の教員の9%が参加(教育省発表)。労組は全国の幼・小学校で25%、パリでは70%が参加したとする。教 […]

LBD使用警官に捜査開始

4/4 12月にゴム弾(LBD)で高校生の頭に重傷を負わせた警官に対する捜査を開始するとオルレアン検察局が明らかにした。この件について国家警察監察総監(IGPN)は、警官のLBD使用は適切だったと3月末に結論。しかし、検 […]

胸部インプラント禁止へ

4/4 仏医薬品保健製品安全庁(ANSES)は乳房再建などに用いられる胸部インプラントのテクスチャードタイプ(シリコン)とポリウレタン製のバッグの使用を禁止すると仏紙が報じた。この2タイプの製品は未分化大細胞型リンパ腫( […]

反破壊法第3条に違憲判断

4/4 憲法評議会は、3月に国会で成立した反破壊分子法の第3条は違憲と判断した。この条項は、治安の脅威となる個人がデモに参加するのを1ヵ月間、県知事が禁止できる措置(違反すれば禁固6ヵ月)で、野党左派のほか与党内でも自由 […]

ミニ内閣改造、新顔3人

3/31 大統領府は3人の閣僚が27日に辞任したことを受け後任人事を発表した。欧州議会議員選挙の共和国前進(LREM)リストの筆頭に選ばれたロワゾー欧州担当相の後任にはアメリー・ドモンシャラン国民議会議員(33)、202 […]

サルト県の製紙工場閉鎖

3/29 ナンテール商事裁判所は、製紙の仏英アルジョウィギンスグループの複数の仏子会社の倒産を決定した。ベセ・シュル・ブレ工場(サルト県)は閉鎖(従業員568人)、同県サン・マルス・ラブリエール工場は衛生紙CGMP社に譲 […]

Brexitの3月29日は延期

3/22  欧州連合(EU)首脳会議が開かれ、EUとメイ英首相が合意したものの英議会で2度否決されたEU離脱案が英国会で3月末までに可決されれば、離脱日は5月22日、そうでなければ4月12日とすることになった。 後者の場 […]

憲法評議会、骨検査を許可

3/21  憲法評議会は、難民・移民が未成年か否かを判断するための骨の検査を合憲と判断した。 この訴えは、2016年入国時に15歳と申請したが、手のレントゲン検査で20代とみなされたギニア人少年が起こした訴え。少年を支援 […]