フランスの出来事

フランス外務省、駐イタリア大使召喚

2/7  仏外務省は、イタリア政府がここ数か月フランスに対して「挑発」発言を繰り返しているとして、ローマ駐在仏大使を召還。第2次大戦終結以来初めてのこと。EU懐疑派の伊ポピュリスト政権と、EU強化派のマクロン大統領は、こ […]

CDGエクスプレス 2024年開通

2/5  エリザベート・ボルヌ交通相は、パリ東駅とCDG空港第2ターミナルを結ぶCDGエクスプレスの建設に関し、パリ空港公団(ADP)、フランス国鉄(SNCF)と預金供託金庫(Caisse des Dépôts)の3社等 […]

アップル5億€追徴合意。

2/5  アップル仏法人がフランス国内店舗での販売収益のみ申告し、ネット販売益は税率の低いアイルランドで申告していた。それを違法とする税務当局と、それを合法とするアップル社との長期抗争で、アップル社が過去10年分の追徴課 […]

カイエ・ド・ドレアンス。

 区役所に入ると、右手の小机にノートが置いてあった。表紙には「Cahier de doléances 陳情書」と書いてある。ページをめくれば「富裕税の復活」、「物価は上がるが年金は少なくなるばかり」、「議員の特権廃止」、 […]

パリで火事、死者10名

2/5   パリ16区のエルランジェ通りのマンションで午前1時に出火。中庭に面した建物で梯子車が使用不可能なため消火に5時間を要し、死者10名、負傷者33名(うち8名消防士)の惨事になった。 現場近くで車に火を点けようと […]

メディアパルトに検察介入

2/4   ネット新聞メディアパルトが、1月31日、ベナラ、及びクラーズ両被疑者の7月26日の会話録音を公開したことを受け、パリ検察庁属の検事2名と捜査官3名は「プライバシー侵害」「違法盗聴」容疑の予備捜査と称してメディ […]

新食品法施行に

2/1  昨年10月に可決された「農業と食品新法」が2月1日から施行され、食品の仕入値に10%の流通費用を加算した額を最低小売価格とし、それ未満の価格での安売りが禁止になった。大手流通による農産物の買い叩き防止、生産者へ […]

ベナラ事件、会話録音公開

1/31  ネット新聞メディアパルトがベナラ、及びクラーズ両被疑者の7月26日の会話録音を公開。5月の暴力事件で起訴中の両者が判事の接触禁止を無視した事実が明らかになった上、ベナラ氏の発言は、大統領夫妻からの全面支援を誇 […]

ベナラに新しい容疑

2/7  メディアパルトの報道と録音記録に基づき、検察庁財務局はベナラ、クラーズ両氏の汚職容疑の捜査を開始。 両氏とも在職中にロシアの富豪イスカンダル・マフムドフ氏警護の契約に関わったと疑われている。録音が首相護衛長の自 […]

作曲家ルグラン氏、死去

1/26  映画『シェルブールの雨傘』などの作曲で世界的に知られるフランスの作曲家ミシェル・ルグラン氏がパリで亡くなった。享年86歳。 パリ生まれの同氏は10歳からパリ国立高等音楽院でピアノと作曲を学び、1950年代から […]

ゴム弾使用、禁止ならず

1/25  パリ行政裁判所は治安部隊によるデモ時のゴム弾(LBD)使用中止の訴えを退けた。労組CGTと人権擁護団体LDHの訴えに対し、パリ行政裁は禁止判断は国務院の権限とし、ゴム弾使用時には今後は治安部隊の胸につけたカメ […]

エネルギー移行方針発表

1/25  エコロジー移行省は政府のエネルギー政策文書をネット上に公表した。マクロン大統領が11月末に発表した方針を踏襲したもので、原発による発電を電力全体の50%(現行71.6 %)に下げる方針を前政権下で定めた202 […]