フランスの出来事

7ヵ年国防予算3千億ユーロ

2/8   国防7ヵ年計画(2019~25年)法案が閣議に提出された。今年度の国防予算は342億ユーロだが、2019~22年には年17億ユーロずつ、2023年以降は年30億ユーロ追加され、25年には公約通りの国内総生産の […]

政府、公務員制度改革へ

2/1  フィリップ首相は公務員制度改革案の骨子を発表した。首相は単なる人員削減にとどまらず、公務員制度の抜本的改革が必要とし、現在公務員全体の17%(94万人)を占める期限付き契約職員の増加、公務員身分の見直し、利用者 […]

ラマダン氏、被疑者に

2/16  イスラム学者として著名なエジプト系スイス人タリック・ラマダン氏(55)は強姦・性的暴行罪の疑いで1月31日に逮捕されていたが、そのまま被疑者となり勾留された。元サラフィー主義ムスリムのアンダ・アヤリさんは20 […]

雪の朝。

朝窓の外の雪を見て「大雪になって会社が休みになったらいいな」と思う人が意外と多いのではないかと思った。それは「雪。会社に行くのは義務?」「雪の日の欠勤・遅刻は法律でどこまで許される?」などの記事の見出しを、雪が降り始めた […]

SNCF、控訴審でも敗訴

1/31  仏国鉄(SNCF)は労働条件で差別したとして元外国人社員に賠償金を支払うことが控訴審で命じられた。2015年の一審、パリ労働裁判所の判決が踏襲された形だ。訴えていたのは1970~83年に国鉄職員としてでなく一 […]

ラジオ・フランス社長解任

1/31  視聴覚高等評議会(CSA)は国営ラジオ・フランスのマチュー・ガレ社長の解任を決定した。同社長は2010~14年の国立視聴覚研究所所長時代に入札なしで40万ユーロ相当の契約を結んだとして15日に執行猶予付禁固1 […]

パリ・メトロ延長工事開始へ

1/30   ボルヌ運輸相は、「グラン・パリ・エクスプレス」計画のうち一部の工事を今年から開始する方針を示した。パリ郊外間および郊外とパリ間の交通網充実を目的とする同計画は2009年に公式に決定されたが、その後2013年 […]

セーヌ川などが増水

1/29  降り続く雨の影響でセーヌ川やマルヌ川が増水、パリのセーヌ川の水位は5.85mに達した。そのため、高速郊外鉄道RER・C線が運行停止になったほか、川岸のレストラン、遊覧船なども営業を停止。マルヌ川では2月3日に […]

バカロレア改革の骨子

1/24 高校の教育課程とバカロレア(大学入学資格試験)の改革の報告書が教育相に提出された。今後教育界との協議を経て2月14日に改革案が閣議に提出される。仏紙が報じた改革骨子によると、高校2年での文系、社会経済系、理系の […]

カルフール、2400人削減

1/23 小売大手カルフールは、2022年から20億ユーロの経費節減を目指す「カルフール2022」計画の一環として、仏本社で2400人の希望退職を募ると発表した。また、14年に買収した旧ハードディスカウント「ディア」の2 […]

トヨタ、700の雇用創出へ

1/22 トヨタ自動車の仏子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス(TMMF)社長は北部ヴァランシエンヌ郊外の工場の拡張・設備刷新に3億ユーロを投資し、700の正規雇用を創出すると発表した。生産台数を年間 […]

移民問題で英仏会談

1/18  マクロン大統領とメイ英首相が会談し、保護者が同伴しないカレーの未成年難民で英国に親族がいる人の英国入国手続きを、現在の平均6ヵ月から1ヵ月に短縮すること、カレーの国境警備に英国が5千万ユーロを追加拠出すること […]