クール・アキタ in Paris 。

日の丸醸造の仲島社長「日本全国の居酒屋で一番の酒!」を出展。

パリの秋田物産フェアCOOL AKITA in Paris、 開幕しました。あす金・土曜と続きます。
美酒王国・秋田の酒。郷土料理の食材。秋田杉で作られるデザインもシンプルで洗練された曲げわっぱや、樽づくりの技を駆使して作られた秋田杉の酒器など、伝統工芸品も含めた展示即売です。

「きりたんぽ鍋」狙いで、昼ごはん抜きで会場入りしました。「きりたんぽ」がゴロゴロ、野菜もたっぷり入った比内鶏ダシを使ったやさしい味のスープ、おかわり!しようと思いきや、午後も4時近くなると大鍋も空っぽ。早い到着がおすすめです(一杯2€)。

桜の木の煙で燻した大根を米ぬかなどで漬けた「いぶりがっこ」コーナーでは、チーズとまぶすなど、新しい”マリアージュ”を提案。日本食通のフランス人も 「初めての味。おいしい」と、干したスナックタイプのいぶりがっこ(8€)を購入。これは漬物タイプよりも干されることで、複雑な味が凝縮されています、うむむ、珍味!ほかにも稲庭うどん、味噌・醤油コーナーもあります(試食も購入も可)。

フランス での販路拡大を目的とした物産展、目玉は〈輸出向きの酒〉。
「輸出する時は、長期間の常温流通・貯蔵など日本酒には厳しい環境が想定されますが、そのような状況でも「AKITA雪国酵母」を使ったお酒なら、香味がそこなわれません」とは、秋田県の、その名も〈うまいもの販売課〉の職員Wさん。この酵母は、県総合食品研究センター醸造試験場が昨年開発したもので、長期常温保存に耐えらえる日本酒をつくれるとのこと。日本でも流通されるようになって間もないお酒の、パリでのお披露目なのです。


次は「味噌たんぽ」を美酒で、やってみたいです。どうぞよろしくご検討お願いします!(集)

COOL AKITA in Paris
12 passage Choiseul 75002 Paris
M°Quatre Septembre
9/23(木)11:00 – 19:00
9/24(金)11:00 – 19:00

kiritanpo-nabe

きりたんぽ鍋「おいしすぎ!」と、女の子ご満悦。

いぶりがっこを試食する客 「初めての味、おいしい」。

akita-komachi-1

秋田といえば。。。秋田小町!

akitabinan

「福小町」を手にする秋田美男。


COOL AKITA in Paris

Adresse : 12 passage Choiseul, 75002 Paris , France
アクセス : Quatre-Septembre