性暴行コーチを逮捕

2/21
パリ郊外アニエール・シュル・セーヌのフィギュアスケートクラブの元コーチが性暴行・強姦容疑で逮捕・勾留されたと仏紙が報じた。サラ・アビトボル元選手の手記出版をきっかけに、3人の元選手が14~16歳だった2005〜09年の同コーチの性暴行を告訴。捜査の結果、元コーチは11日に逮捕された模様。仏代表の元スキー選手2人も70〜80年代にコーチから性暴行を受けたと17日に暴露。マラシネアヌ・スポーツ相は、スポーツ界の性暴行防止策策定のためのロードマップを5月に発表する。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る