仏造船所、客船2隻受注

1/19
大統領府は国が33%保有する西部サン・ナゼールのアトランティック造船所(旧STXフランス)がスイス海運会社MSCから大型客船2隻を受注したと発表した。液化天然ガス(LNG)を燃料とする客船(6700人収容)で2025年と27年に納入される予定。受注価格は計20億€で、2400人の雇用維持を可能にする。同造船所は親会社の韓国STX造船海洋の倒産により、2017年に伊海運フィンカンティエリ社への売却が決まっていたが、EU委は競争原則に触れる恐れがあるとして買収を承認するか否か検討中で3月に結論を出す。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る