パーキンソン病の薬の治験で

「 私は話すことも、動くことも、座ることもできなかった」

 ビオトリアル社によるパーキンソン病の薬の治験で、1月17日、被験者の1人が死亡した。やはり被験者のひとりで、レンヌ市の病院に神経系の異常で入院中の42歳の男性が、2月19日に証言。新たな治療法で快方に向かっているが、「まだめまいがするし、2分も立っていると気分が悪くなるし、ものが二重になって見える」。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る