「 nénuphar → nénufar 」

 今年9月の新学期から、2400語の綴りを簡略してもいいことになり、いくつかの出版社は教科書の改訂版を準備中。例えば「nénuphar(スイレン)」は「nénufar」に、「oignon(玉ネギ)」は「ognon」に。「i」や「u」の上に付くアクサン・シルコンフレックスはとってもよくなり「coût」は「cout」に。ただ「mûr(熟した)」を「mur」にすると「壁」になってしまうので残す。この改革に対して、逆に混乱してしまう、各語の由来があいまいになる、など反対の声が強い。