Saint-Félicien

ドーフィネ地方で作られている小型のチーズで、以前は羊乳で作られていたが、現在は牛乳が使われている。表面は柔らかな白カビで覆われている。切りとったとたんに、薄いクリーム色の身が流れ出そうなのが、食べごろだ。プラスチックや陶器の型に入って売られているのはそのためです。どこかルブロションを思わせる、クリーミーで柔らかな味わいで、木の実の香りもする。ワインは、ジュリエナスのようなボジョレーのまろやかな赤が合うだろう。fromage