知的障害者への暴行で少年3人逮捕

 18歳の知的障害者に暴行を加え、その様子をビデオに撮ってフェイスブックに掲載したグルノーブル近郊の少年2人が2月3日に逮捕され、弱者への集団暴行とその映像伝播の罪(最高5年の禁固刑)で取調べを受けた。また16歳の別の少年も共犯で5日に取調べを受けた。3人のうち14歳と15歳の少年は知的障害者の若者の手をつかんでひきずるなどの暴行を加えた。その動画をフェイスブックに掲載した結果、加害少年の厳罰を求める署名が3500人分集まったほか、内務省のインターネット上の不法コンテンツ通報システムに告発された。主犯の14歳少年は未成年施設に収容され、ほかの2人は司法監視のもと仮釈放された。