Le Surréalisme et l’objet

Meret Oppenheim “Ma gouvernante” © Adagp, Paris 2013
Meret Oppenheim “Ma gouvernante” © Adagp, Paris 2013
 アンドレ・ブルトン周辺のシュルレアリスムのアーティストが作ったオブジェが中心だが、現代作家の作品も展示し、シュルレアリスムの現代性を問う。逆さにした白いハイヒールを鶏の丸焼きに見立てたメレット・オッペンハイムの『召使い』や、ガスバーナーから古代の女神像をイメージしたピカソの『ガスのヴィーナス』は今見ても秀逸。1938年の国際シュルレアリスム展を再現した部屋では、ケ・ブランリー美術館にあるような非西洋の文化のオブジェが、作家の作品と同等に展示されている。その造形的斬新さを見ていると、シュルレアリスムはこれらを超えられたのか、という疑問がわく。
3/3迄。火休。 
ポンピドゥ・センター

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る