NY生活を等身大で体験。

 ニューヨーカーには憧れがある。NYに住んでみたいなぁとずっと思いつつ実行の気配は全くない。そんな人(私)にとって『Frances Ha』は、主人公のフランシスと一緒になってNYの生活を等身大で疑似体験できる嬉しい映画だ。フランシスは27歳、コンテンポラリー・ダンサーを目指してダンスカンパニーの予備軍に所属。最終的には振付をしたい。大親友でアパートをシェアしているソフィーが、彼氏と同棲すると言って、フランシスを置き去りに突然出て行ってしまう。ショック!  と同時に危機到来。金欠である。一人住まいは無理。シェアメイトを探してキャリーバックを引きずって街をさまよう。落ち着き先は決まったが、カンパニーの予備軍から正団員に昇格できず、カンパニーのマネージメント職をオファーされて傷つき落ち込む。クリスマス休暇は故郷カリフォルニアのサクラメントに帰省し家族と団らん、疲れた心を癒やす。空港まで送ってくれた両親に「大丈夫!」と言ってNY行きの飛行機へ向かうフランシスの姿、何か身につまされる。ニューヨーカーの憧れの町、パリも登場する。パリに住む知人の留守中、そのアパルトマンを使えるという情報に飛びつくが、これは余計に寂しくなる結末だった。
 27歳、そろそろ一人前にならなくてはという年頃の、何処にでもいそうな女性の、思い通りにならなくてもくじけず頑張る姿に共感。題名の由来はラストのオチにあり。前向きで爽やかなこのラストも後味良し。
 主演女優、グレタ・ガーウィグが実体験も交えて監督のノア・ボーンバックと脚本を共同執筆。サクラメントのシーンでは彼女の本当の家族が出演。モノクロで長回し、身の丈サイズ映画だ。好感度満点! (吉)

Frances Ha



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る