乗馬は子供に我慢することを教えてくれます」

 フランスの子供にとって馬は大切な存在だ。専門雑誌を購読したり、馬のポスターを部屋に貼る子までいる。毎年12月に開催される、恒例の馬の見本市には、馬好きの子供が一斉に駆けつける。
 乗馬は、田舎まで行かずとも、パリや近郊で体験可能。乗馬クラブは敷居が高そうだが、たいていお試しレッスンがあり、値段も比較的手頃。子供が馬に興味を持ったら、気軽に受講させてあげたい。
 イシー・レ・ムリノー市の〈Poney club de L’île Saint Germain〉は、名前の通りポニーを集めた、子供専用の乗馬クラブ。ただし「ポニー」と一口にいっても、すぐに思い浮かぶシェトランドポニーは小さいが、ここの「ダブルポニー」と呼ばれるポニーは、背が150センチ近くもあり、迫力十分。でもみんな温厚な性格で、子供たちの良き友だちになってくれる。日曜開催の〈Animations〉は、お試しレッスンとして初心者も参加できる。「障害物の練習」、「マルディグラでクレープを食べ、馬と遊ぶ」など、毎週テーマが変わる。わが子は「マルディグラ」コースを受講したが、ポニーに乗って、ジグザグ道を進んだり、棒を的の穴に差し込んだりと、手ごわい課題が目白押しだ。チームを組んで競うので、ゲーム性が高く、大いに盛り上がる。
 「乗馬は子供に辛抱を教えます」とはスタッフの言葉だ。時にちびっ子たちは、100%思い通りには動いてくれない馬に四苦八苦!でも温厚だけど思いのままにはいかない存在を前に、我慢と優しさを学ぶことができそうだ(瑞)
-Poney club 
de L’Île Saint Germain :
170 quai Stalingrad 
92130 Issy-les-Moulineaux 
01.4648.8080
日曜の〈Animations〉は15€~40€。
パリの乗馬クラブ
-Centre Equestre de la Villette :
9 bd Macdonald 19e 
01.4034.3333
-Centre équestre Bayard UCPA
Av. du Polygone 12e
01.4365.4687

馬術ショー
●La voie de l’écuyer opus 2013
 馬の心を知り尽くした調教師で演出家のバルタバス氏。彼の騎馬劇団「ジンガロ」は、人と馬による幻想的なスペクタクルを世に送り続け、世界中で喝さいを浴びてきた。そんな彼が乗馬芸術を追求すべく10年前にヴェルサイユ宮殿に設立したのが〈l’Académie du spectacle équestre de Versailles〉。騎手に技術と同時に、芸術への感性をも育む、唯一無二の実験工房のような馬術学校である。現在、本アカデミーの騎手らの練習の成果が花開く馬術ショー『La Voie de l’écuyer opus 2013』*が、宮殿大厩舎で開催中だ。対象年齢は5歳からで、親子で楽しめる。ショーの前後には大厩舎が開放される。午前中は、騎手たちの公開訓練Les Matinales des écuyersも、別料金だが見学可能だ。
5月26日迄の土18h、日と4/25は15h。25€/学生22€/12歳,未満16€。
*Grande Ecurie du Roi : 
1 av. Rockfeller 78000 Versailles
RER C線 Versailles-Rive-gauche駅下車。
子供用ヘルメット。

子供用ヘルメット。

鞍(くら)。

鞍(くら)。

© Agathe Poupeney

© Agathe Poupeney


Poney Club