都市部での車の制限速度

30km/h

 都市部での車の制限速度は、フランスや欧州連合のほとんどの国で50km/hだが(例外は英国の48km/h、フィンランドの40km/h)、フランスの歩行者保護協会は30km/hを提唱している。50km/hでは歩行者を認めてから反応する間に14m、ブレーキをかけている間に14m車が前進するが、30km/hの場合、それぞれ8mと5mで、事故の際の歩行者の死亡率も、60%から15%になるという。