Marc Riboud “Vers l’Orient”

Galerie Camera Obscura & Marc Riboud
Galerie Camera Obscura & Marc Riboud
 マルク・リブー(1923-)は、1955-58年、トルコから日本までアジアを回り、風景と人々を撮った。このときの写真220点を集めたものが2012年に出版され、優れた写真本に贈られるナダール賞を受賞した。その中から選んだ40点を展示している。大胆で絵画的な構造の写真の中に作者の人間に対する感情が息づいている。50年代の日本女性を撮ったものは、成瀬巳喜男や川島雄三の映画の場面のようだ。3/16迄。
Galerie Camera Obscura : 
268 bd Raspail 14e

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る