サルコジ氏、ベタンクール疑惑で聴取

 サルコジ前大統領は11月22日、ベタンクール疑惑で予審判事の事情聴取を12時間にわたって受けた。前大統領は2007年の大統領選挙の際に、ロレアル大株主であるリリア−ヌ・ベタンクールさんから違法な選挙資金を得たと疑われている。ベタンクールさんの元執事ドメストル氏がスイスの口座から引き出した現金400万ユーロの一部が選挙資金に使われたとみられており、同氏および選挙資金を管理したヴルト元予算相はすでに取り調べを受けている。サルコジ前大統領は事情聴取で疑惑を全面的に否定した模様。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る