Villes suspendues : 展覧会のアトリエで紙の豊かさと戯れる。

ちょっと困った時はポーリーヌさんが助けてくれる。
ちょっと困った時はポーリーヌさんが助けてくれる。
 2007年9月にオープンした建築・遺産博物館。フランス建築の歴史を徹底網羅し、階下にはル・コルビュジエの集合住宅が再現されている。
 ここで現在、『Architectures de papier紙の建築』展が開催中だ。紙という身近な素材が、5人のアーティストの手を介せば、目にも鮮やかな夢幻都市となる。折り紙文化に親しむ日本人にも新鮮な驚き…。 さらに来年3月まで続く本展示に合わせ、子供が作品作りに挑戦できるアトリエも多数用意。例えば〈Villes suspendues  空中都市〉は対象年齢が8?12歳。吊って飾れる紙の町を作るアトリエだ。展示を鑑賞した後、作品作りに入る。材料は色紙、トレーシングペーパー、ハサミ、カッター、ホチキス、のり、両面テープなど。作業台を前に子どもたちはみな真剣な眼差しだ。「町を作る」と言われたのに、なぜかソファや花かごを作る子がいるのはご愛きょう。
 「紙は多様で精巧な表現が可能。軽さと詩的な雰囲気が魅力」と語るのは、教育係のポーリーヌさん。昨今、フランスではポップアップブック(立体絵本)の人気が高い。折り紙も企業の宣伝に使われたりと、ますます馴染み深くなった。人類が紙に魅せられもうすぐ二千年。シンプルな素材だからこそ、その世界は豊かで奥深い。親子で紙の豊かさと戯れてみよう。(瑞)
『Architectures de papier』展は2013年3月17日まで。8€/18歳以下は無料。
*アトリエ〈Villes suspendues〉は8〜12歳向け。
水土の15h30から90分間。クリスマス休暇中は木金の11h30と15h30にも。詳細はwww.archimome.fr/
ポーリーヌさんの 説明を聞いてから 『紙の建築』展の 作品鑑賞。

ポーリーヌさんの 説明を聞いてから 『紙の建築』展の 作品鑑賞。

アトリエでは 紙を選んでから 作品にとりかかる。

アトリエでは 紙を選んでから 作品にとりかかる。

みんな、ハサミや カッターを上手に使いながら。

みんな、ハサミや カッターを上手に使いながら。

完成! 作品はもちろん お持ち帰り。

完成! 作品はもちろん お持ち帰り。

『紙の建築』展のステファニー・ベックの作品。 見つめる子供たちの視線も真剣だ。

『紙の建築』展のステファニー・ベックの作品。 見つめる子供たちの視線も真剣だ。


Cité de l'Architecture et du Patrimoine

Adresse : 1 place du Trocadéro, 75016 paris
TEL : 01.5851.5200
11h-19h(木 -21h)。火休。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る