「contrôle au faciès」

 2009年に人権保護団体Open Societyと(権利と司法機関に関する社会学研究センター)が発表した調査によると、〈若者〉、〈黒人〉、〈アラブ人〉は、〈白人〉より、それぞれ11倍、6倍、7.8倍の警察のコントロールを受けている。外見の違いで差別するコントロールを「contrôle au faciès(ファシエスと発音)」というが、こうした人種差別的なコントロールの対策として、エロー首相は6月1日テレビで、コントロールの際、警察官がコントロールの日付、理由などを明記した受け取り証を渡すシステムを考慮中と語った。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る