Le Batofar|セーヌに浮かぶ、はずれなしの定番スポット。


パリの夜遊びスポットとして、もはや老舗といっていいほどのクラブ〈バトーファール〉は、13区にある国立図書館前のセーヌ河岸に停泊している。真っ赤なボディーに大きな灯台がついた特徴的なこの船は、アイルランドのニュー・ロス港で1975年まで船乗りたちを守る灯台船bateaux-feux として活躍していたものを、パリまで運んできたという。

夏の夜、なんといっても気持ちがよいのが、後部デッキのテラス。川面に映る街の灯を眺めながらの一杯は、都会の喧噪(けんそう)をひととき忘れさせ、遠く遥かな大海原へと心を誘う。おしゃべりも一段落したら、300人は収容できるという船内のメインフロアへ。イベント内容により入場料が発生するが、エレクトロ系のダンスミュージックが得意なこの箱は、パリジャンのみならず世界中からの旅行者にも根強い人気。少し床が傾いていたりするのもセーヌに浮かぶ船ならではのご愛嬌。

踊り疲れたら船を降りてセーヌ河岸を散歩。この付近は遊歩道が特に広く、2006年に架けられた歩行者専用のシモーヌ・ド・ボーヴォワール橋もすぐそば。船には23時まで営業のレストランもあるので、クラブ遊びだけでなくデートにも活躍しそうだ。

パリの夜を象徴するような有名店だけれど、エッジの効いた音楽と、街中のクラブにはないこの雰囲気。どこに行こうかと悩む夜、「灯台下暗し」ということもあるので、こまめにアジェンダをチェックしよう。(高)

Restaurant du Batofar : 01.5360.1700
12h-14h30/19h30-23h 日・月・土昼休
M°Quai de la Gare/Bibliothèque François Mitterrand
www.batofar.org


Le Batofar

Adresse : Face au 11 quai François Mauriac, 75013 paris
TEL : 09.7125.5061
URL : www.batofar.org/
18h-06h。 不定休。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る