DSK、カールトン事件で32時間拘束

 ドミニク・ストロス=カーン氏は2月21日、カールトン事件の事情聴取のため、リール憲兵隊本部に32時間身柄を拘束された。同氏は22日に釈放され、3月28日に組織的買春共犯の疑いで取り調べを受ける予定。この事件はリールのカールトンホテルを舞台に、ホテル関係者、ノール県警察署長、会社社長らが買春パーティをリール、パリ、ワシントンなどで組織したと疑われている。ストロース=カーン氏については、買春パーティと知って参加していたか、パーティの企画に関わっていたかが争点。同氏の弁護士は、今回の事情聴取で同氏が「事実を完全に説明した」と述べた。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る