イタリア豪華客船座礁、16人死亡、16人不明

 1月13日、イタリア西岸のジリオ島近くで大型客船〈コスタ・コンコルディア〉(乗客3200人、乗員1000人)が座礁した。船体が横倒しになり、25日までにフランス人2人を含む死者16人が確認されたが、16人(フランス人2人)が行方不明のままで、捜索が続けられている。船が航路を外れて島の岸に近づきすぎて暗礁にぶつかったのが原因とみられている。フランチェスコ・スケッティーノ船長が乗客の避難措置を指揮せずに救命ボートで早々と逃げ出したことで非難が集中した。事故原因や乗客救命措置についてイタリア当局が捜査を進めており、船長と副船長が過失致死と救助放棄の疑いで取り調べを受けている。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る