下町の理髪師ミシェルさんの一日。

理髪師として必要なディプロム

 理髪師になるには、CAP(Certificat d’aptitude professionnelle  職業適格証明書)と、特に自身でサロンを開く場合は職業教育修了免状が必要とされる。
また、ミシェルさんが理髪師となった時代に比べると、その他のディプロムもいくつか補足されている。日本同様、私立の美容学校もあり、ディプロムに必要な研修を、その学校が経営するサロンへ派遣されるケースも多い。 
細かい髪が入らないように、 首周りをガードするテープ。

細かい髪が入らないように、 首周りをガードするテープ。

紫外線消毒箱。くしなどを消毒する。

紫外線消毒箱。くしなどを消毒する。

1 2 3 4 5

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る