14.5日

 フランスの民間企業で働く人の1年間の平均病欠日数。職種別に見ると、医療関係が21.3日、サービス業が16.1日、運輸業が14.4日など。一番仕事がきつそうな建設業が11.1日と少ない。地方別の格差も大きい。一番多いのが、気候も温暖な地中海地方で27日!  次いでやはり南部のローヌ・アルプ地方で20.3日。南西部はなぜか13.4日と平均日数を下回る。一番のがんばり屋は東部地方で12.2日。