「私は反=大統領ではなく、次の大統領です」

 サルコジ大統領が打ち出す政策に反対ばかりしていて具体的な提案がない、と右派から批判されているフランソワ・オランド社会党大統領候補の、リベラシオン紙(11月7日付)での発言。「je suis le prochain」の現在形に右派はカンカン。