アミアン 湿地栽培の新鮮野菜

クルミの 季節ですね。 畑で切りとった 花まである。
クルミの 季節ですね。 畑で切りとった 花まである。
 パリから北に約130kmにあるアミアンは、フランス最大のゴシック大聖堂(1981年世界遺産登録)があることで知られる。この町は古代ローマ時代からピカルディ地方の中心地として栄えてきたが、注目したいのは、約300ヘクタールにもおよぶ湿地帯を利用した菜園活動。古くから整備されてきた水路を使って人々は行き来をし、無農薬栽培にこだわった畑が多く見られる。都市と緑地の関係や、運河輸送の再利用を考える上でもぜひ訪れたい町。
 毎週土曜日には運河沿いにマルシェが立つので、新鮮野菜をたっぷり仕入れて、午後はボートに乗って、湿地を開拓した野菜畑(Hortillonnage)を散策しよう。(高)
●Marché du Parmentier à Amiens
 周辺の菜園から直送の新鮮野菜は味も香りも抜群。 小さなマルシェながらバリエーション豊かで、満足のいく食材に出会える。この季節、カボチャやキノコはもちろん、インゲン豆などの豆物は、やはりとれたてが一番。 香り高く、ずしりと重いシャンピニオン・ローズを購入、帰って早速バター炒めしてパスタに絡めて秋を満喫。
 年に一度行われる、昔ながらの水上マーケットも見逃せない。取れたての花や野菜をぎっしり積んで、運河を伝ってやってきた船が、そのままお店となってマルシェが開かれる。
2012年は6月17日(日)開催。
◆アミアン
パリ北駅からSNCFで約1時間。片道20.4€。Amiens行きもしくは、Boulogne-sur-Mer行きが1時間に1、2本運行。カテドラルや運河、かわいい町並みが残るサン・ルー地区、ジュール・ヴェルヌ記念館など、見どころは歩いてまわれる。
 
味も香りも、ぎゅっと濃縮された新鮮野菜の宝庫。

味も香りも、ぎゅっと濃縮された新鮮野菜の宝庫。

オレンジ色のかたまりは収穫したてのカボチャ。

オレンジ色のかたまりは収穫したてのカボチャ。

マルシェは毎週土曜午前中に立つ。  Place Parmentier

マルシェは毎週土曜午前中に立つ。  Place Parmentier

湿地を開拓した野菜畑(Hortillonnage)を巡る

湿地を開拓した野菜畑(Hortillonnage)を巡る


Amiens:Office de tourisme(観光局)

Adresse : 40 place Notre Dame , 80010 Amiens
TEL : 03.2271.6050
URL : http://www.amiens-tourisme.com