印象派の画家たちが捉えたパリ風景

© RMN (Musée d’Orsay)  Hervé Lewandowski.
© RMN (Musée d’Orsay) Hervé Lewandowski.

Paris au temps des Impressionnistes

 モネ、ドガ、カイユボットなど、印象派の画家たちが捉えたパリ風景。オスマンがパリを大改造し、鉄道が開設されるなど、19世紀後半から20世紀初頭にかけてのパリは、画家たちにとって新しいモチーフの宝庫だった。劇場、カフェ、公園の散策などが、都市生活に欠かせない要素となったこの時代の市民の姿も捉えられた。普仏戦争やパリコミューンといった戦いの記録的な作品も集め、1850年から1914年までの、パリと関った美術作品を広範囲に見せる。7/30迄(日祭休)。


Hôtel de Ville de Pari (Salle St-Jean)

Adresse : 5 rue Lobau, 75004 paris