サクランボの砂糖煮cerises au sirop

 サクランボが安い時に作っておきたいのが、サクランボの砂糖煮cerises au siropだ。煮沸消毒したビンに密閉して冷たいところに置けば、長期保存が可能だけれど、そんな面倒なことはしなくても冷蔵庫で少なくとも2週間は大丈夫。サクランボを1キロ買ってくる。傷んだものを除いてからヘタをとる。鍋に600cc水を入れ、700グラムの砂糖を加え火にかける。ボクはシナモン1本も加えることにしている。砂糖がすっかり溶けたらサクランボを入れる。再沸騰したら弱火に落とし、ぐつぐつ煮込んでいく。15分から20分ほどすると、サクランボが縮まって、煮汁が真っ赤になっているだろう。サクランボだけ網じゃくしで取り出し、煮汁をやや煮つめてシロップ状にする。シロップがすっかり冷めたら、サクランボを戻す。これを密閉できる広口瓶に入れて冷蔵庫で保存するわけだ。
 さてこのサクランボの砂糖煮、カクテルグラスなどに身を数粒入れてシロップを注げば、そのままデザート。ヨーグルトやフロマージュ・ブランにかけるのもおすすめ。飲み物にするなら、同量から倍量のキルシュを注いでアペリチフにしても素敵だし、ペリエ割りにしてオンザロックにすると、美しい色をしたロングドリンク。