オーヴェルニュ産のブルーチーズ

 ブルーチーズというと、フランス南部ルエルグ地方で作られているロックフォールがあまりにも名高いが、そのすぐ北に位置するオーヴェルニュ地方でも、そ
の名高いロックフォールを真似て、すでにこの欄で取り上げたフルム・ダンベールをはじめ、ブルー・ドーヴェルニュ、フルム・ドーリヤック、ブルー・ド・ラ
クイーユなどさまざまなブルーチーズが作られている。ロックフォールは羊乳製だが、オーヴェルニュ産のブルーチーズは牛乳製だ。
 ブルー・ドーヴェルニュは、ブルーチーズとしては値段も安めで、スーパーでも手に入る。やはり農家産fermierがうまい。直径20センチ、高さ10
センチほどの大きさで、アルミホイルに覆われている。切り口を見て、青カビが平均に行きわたり、表面にツヤがあるものを選びたい。むっちりとした身をかみ
しめると、ブルーチーズならではの独特の風味が口の中に広がる。塩味もほどほどでうまい。サラダのドレッシングに混ぜ入れてもおいしいものだ。
 ワインはこくのある赤、たとえば同地方のコット・ドーヴェルニュはどうだろう。(真) 


Bleu d'Auvergne



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る