Tres bien, merci

なんだか気分がむしゃくしゃする一日、というのは誰にでもあるけれど、そこへ悪運が重なって警察の厄介になり、挙げ句の果てには精神病院に入れられてしまうという悪運に憑かれた男とその妻が主人公。個人の力ではどうにもならない社会の矛盾、その矛盾にあらがうことをためらう個人の矛盾が描かれる。監督は1995年に『Circuit Carole』という佳作を発表して以来、映画界とはご無沙汰していたエマニュエル・キュオー。主演は、やはりスクリーンには久しぶり、という感じのサンドリーヌ・キベルランと、現在公開されている『Anna M』という作品でも運の悪い男役を好演するジルベール・メルキ。(海)


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る