Bled Number One

この作品は、ラバー・アマー=ザイメッシュが主演・監督した”Wesh Wesh, qu’est-ce qui se passe?”(2001)の続編といえる。舞台を監督の生まれ故郷である小さな村に設定、主演3人以外の大半は素人の役者を起用。これらが功を奏してドキュメンタリーとフィクションが微妙に混ざり合い、砂と埃が舞う乾いた風景の中で独特の雰囲気を作り出す。フランスに居を構えた後、一度捨てた故郷に戻ってくる二人の男女、にとって、アルジェリアはどんな国として映るのか?また二人をどう村人たちは迎え入れるのか? 故郷を懐かしむと同時に安住の地を求める主人公カメル(監督自身)の、遠くを見るような眼差しが印象に残る。(海)