A la Table du Bon Roi Stanislas –王さまにちなんだ料理。

 ナンシーの町の中心、スタニスラス広場の北側を平行するマレショー通りには安くておいしいレストランがいっぱい。その内側、ギュスターヴ・シモン通りもまた、いいレストランが並ぶ通りだが、とびきりおいしくて、コストパフォーマンスがスンバらしいレストランを見つけてしまった。ナンシーを訪れる人はぜひここへ寄るべし。
 日曜日も開いているし、週末でもお得なコース料理があるのも拍手ものだ。フルコースで16eのコースから、連れはマンステールチーズのキッシュと白ブーダンのオニオンコンポート添えを、私はラード包みのウサギのテリーヌのサラダ仕立てと、サーモンの王室風を注文。グラスワインを頼んだら、少し冷やしたDopffのピノノワール(4.5
)がやってきた。
 料理はすべてがおいしい! 前菜のテリーヌについてきたニンジンのサラダが絶品で、リンゴが混ざっているのかさわやかな甘みもあるし、マスタードのピリリ加減も抜群だ。メインも、インゲンとベーコン炒め、ソバの実、根セロリのピュレが付け合わせとして別についてくるアイデアが秀逸。それぞれの好みや腹加減で自由に盛りつけられるわけだ。サーモンの焼き加減といい、サフランと白ワインをたっぷり使ったソースもおいしく、スタニスラス王にちなんだポーランド料理というのもなんだかありがたい。
 デザートには2人一致して、チーズのアイスのベルガモット風味を。卵とバターたっぷりの芳ばしいマドレーヌのうえにアイスクリーム。その下にはミラベルのソースがたらーり。これだけ手間のかかった料理3品で16
はどう考えても安い。サービスも丁寧だし、食後にコーヒーを頼めば、菓子やベルガモット飴もついてくる。ナンシーに引っ越してこの店の常連になりたい な。(月)

7 rue Gustave Simon 54000 Nancy
03. 8335. 3652
(予約がおすすめ)日夜・月休。