ファラオとは、どんな存在だったのか? “Pharaon”

 200点以上の展示品の約半数がカイロのエジプト美術館から貸し出された、フランスでは滅多に見られない展覧会だ。
 会場入口には、18歳で亡くなったツタンカーメンの巨大な彫像が設置されている。涼やかな笑みをたたえた少年王には、観音菩薩像のような優美さと中性的な美しさがある。歴代のファラオたちの彫像が、それぞれに個性的で見ごたえがある。アメンヘテプ3世は、小さな鼻に官能的な唇で、こちらも女性のよう。
 ファラオとは、いったいどんな存在だったのかは、意外に知られていない。それを鑑賞者に明らかにするのが、この展覧会の目的だ。ファラオは神界と地上を結ぶ仲介者で、神ではないが、神と同等の存在と見なされていた。神から地上をつかさどる権利をただ一人与えられた、超人的な神的パワーの持ち主である。神と人間の中継ぎ役、統治者、敵からエジプトを守る将軍、多くの妻と子どもを持つ王家の家長という、ファラオの多様な側面が、コーナー別にまとめられ、展示品でわかるように工夫されている。
 即位式のときに、神性がファラオの中に入りこみ、それによって、本来人間であるファラオに神的な要素が加わることになる。エジプトの王である神話の神ホルスが、ファラオを王座に導く図がある。古代エジプトで、ファラオは「ホルス神の化身」と見なされていた。
 会場を詳細に見ていくうちに、エジプトが日本史と日本神話に重なってくる。ファラオの王女が巫女になる点は、7世紀から南北朝の時代まで、未婚の皇女が伊勢神宮の巫女になったことに似ている。「ホルス神の化身」としてのファラオからは、天皇が約60年前まで現人神(あらひとがみ)と言われていたことが思い出される。1945年8月15日の「人間宣言」でその像は破られたが、皇室の即位式で実際になにが行われるかは、ベールに包まれたままだ。
 創造神アトムが、王権の象徴である杖をファラオに渡して地上権の正統性を証明する図を見ると、古代エジプトのほうがまだわかりやすい、と複雑な思いに駆られる。(羽)


ツタンカーメンの彫像

Institut du monde arabe : 1 rue des Fosses-St-Bernard 5e
4月10日迄(月休)
10h~18h / 週末と祭日 ~19h / 木 ~21h30


Les Yeux Fertiles
 3年前にオープンした、シュルレアリスムと20世紀美術専門の画廊。「ゆたかな瞳」という画廊名は、詩人ポール・エリュアールの詩集の題名から取った。
 オーナーのジャン=ジャック・プレザンス氏の本職は医学者。10年前から作品の収集を始め、趣味が高じて画廊を開設した。画廊を開くのが夢だったというだけあって、展覧会の企画に力がこもっている。こぢんまりした画廊ながら、美術館並みのレベルの高さだ。ときどき制作するシュルレアリスム作家の回顧展のカタログも、採算を度外視しているのでは、と思えるほど立派な内容だ。
 12月11日までは、チェコ出身の女性画家トワイヤン(1902-1980)の回顧展が開かれている。チェコのシュルレアリスムグループの創立者の一人。戦後パリに移住し、アンドレ・ブルトンらと交流しながら、没するまでパリで活動を続けた。コレクターの間では有名だが、一般にはあまり知られていないトワイヤンの作品に触れるチャンスだ。作風には、映画的な要素も感じられる。
 この後は、精神病患者によるアール・ブリュット展を予定。(羽)

27 rue de Seine 6e 01.4326.2791
14h-19h (土11h-13h)日月休 


●Marquet
エコール・ド・パリの画家アルベール・マルケのパリとイルドフランス風景。130点。1/23迄(月休)。 
Musee Carnavalet : 23 rue de Svigne 3e

●Le Sacre de Napoleon peint par David

ダヴィッドの『ナポレオンの戴冠式』制作にまつわる50点が展示されている。ジョゼフィーヌに冠を与えるナポレオンは、原案では自分で王冠を被るはずだった。1/17迄(火休)。 
ルーヴル美術館 

●Images du monde flottant
江戸時代の町民生活と吉原や茶屋を描いた浮世絵150点、絵巻物50点、屏風20点。1/ 3迄(火休)。  
グランパレ

〈11月の写真月間〉
●David Malin
天体写真の第一人者で、天文学者としても有名なデビッド・マリンの30点。科学的でありながら、詩的な美しさと高い芸術性。11/16迄(日月休)。

Galerie Karsten Greve : 5 rue Debelleyme 3e

●New York et l’art moderne. Alfred
Stiegritz et son cercle (1905-1930)
20世紀アメリカ前衛芸術に大きな影響を与えた写真家アルフレッド・スティーグリッツのフランス初の展覧会。彼の「291ギャラリー」に集まった作家たちも紹介。1/16迄(月休)。
オルセー美術館

●L’ombre du temps
ドキュメントから実験的作品まで、20世紀の写真芸術を総括する。アッジェ、エヴァンス、ロドチェンコなど。ゴダールの映像作品も。11/28迄(月休)。 
Jeu de Paume : 1 place de la Concorde 8e

●Mario Giacomelli Vintages (1953-1968)

イタリアの貧村に生まれ、生涯同じ村に住んで写真を撮り続けた独学の写真家マリオ・ジャコメッリ。イタリアのネオレアリスム映画的作風。2画廊で100点を展示。11/4-12/4迄(日月休)。 
Galerie Aittouares : 2 rue des Beaux-Arts 6e 
Galerie Berthet-Aittouares :
29 rue de Seine 6e


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る