Drole d’endroit pour une rencontre– メルーがうまかった!

 クリシー広場から歩いて5、6分のところにあるけれど、大通りに並ぶ雑然としたレストランとはうって変わった、ちょっとおしゃれで落ち着けるお店です。給仕してくれる若い女性も二人とも美人、と見とれていたら、「きょうは食べに来たんでしょ」と友人に怒られてしまった。
 昼は10€(メイン+コーヒー)、12.5€(アントレ+メインあるいはメイン+デザートにコーヒーが付く)、14€(アントレ+メイン+デザート+グラスワイン+コーヒー)と日替わりの三つのコースがある。二人とも12.5€のコースにした。アントレは残念ながら2品だけなので、友人はガスパチョ、ボクはスモークサーモン入りスクランブルエッグ。メインは4品あり、友人はランプ肉のステーキ、ボクは魚料理にしメルー(ハタ)とクルジェットのソテー。ワインはロワール産の赤、サン・ニコラ・ド・ブルグイユを1本(20€)とった。
 ガスパチョは上品な味付けで、唐辛子がぴりっときいている。スクランブルエッグはみごとに半熟だった。
 ランプ肉のステーキはとても柔らかく、ドミグラスソースがよく合っている。メルーの方は、ちょうどいい焼き加減で、まわりに散らしてあるピストゥーソースをつけながらほおばると、思わず「ブラボー!」。魚の下に敷いてあるクルジェットも、きちんとした歯ごたえがあって風味豊か。ワインもブルグイユならではのスミレの香りがあってどんどん飲める。
 「今度は一人で来てカウンターに座り、美人たちと話をしながら食べようかな」と夢想していたらコーヒーが出てきた。メルシ。(真)

46 rue Caulaincourt 18e 01.4255.1425
M。 Lamarck-Caulaincourt, Place de Clichy
月休(もうすぐ日曜も食べられるようになる)