アホにもわかるフランス語。

●Le francais correct pour les nuls
 日本では新学年の始まりが迫る3月、フランスではそろそろ年度末試験の準備が始まる3月。ということで今回は、コンピュータ関連の初心者向け入門書では定評のある「Pour les nuls」(アホでもわかる)シリーズ*の新刊、フランス語学習用の本の紹介です。
 しばし専門用語だらけで読みづらい他の解説書、文法書とは違って、この本はわかりやすく、簡単に、そしてユーモアもまじえながらの「正しいフランス語」のマニュアルです。
 言葉に興味がない人や言葉に弱い人も対象にするこの本は、確かに、正しいフランス語の使い方を隈なく、そして詳しく解説しているわけではありませんが、動詞の活用や性数の一致、綴り、発音などはもちろん、ラテン語からのフランス語の歴史、派生語や俗語を含めた現代のフランス語の状況など、すべての角度から言語としてのフランス語の特徴を幅広く総括的に捉えています。例文は文学作品からの引用だけではなく、日常会話でよく使ったり、耳にする文章、映画やシャンソンなど、正しいだけでなく、「生きた」フランス語です。説明も、分析的ではないものの、堅苦しさがないことで、わかりやすくなっています。
 本書は基本的にフランス人が対象で、外国語としてのフランス語学習用ではないので、フランス語を学ぶ日本人にとっては、中級者以上が対象です。
 学習参考書というよりも、コンピュータ関連のマニュアルとか、旅行ガイドのように手元においておくのもよいし、トイレで本を読むくせのある人は、トイレにおいておきましょう。また、フランス語を教える人には、単調で退屈になりがちな語学の授業を多少おもしろくする知恵が得られるかもしれません。(樫)

 


*この「Pour les nuls」シリーズにはコンピュータ関連のもののほか、La Meditation pour les nulsやLe sexe pour les nuls、L’astrologie pour les nulsなどの実用書もあります。
www.efirst.com

Jean-Joseph Julaud, oct 2001,
Editions generales First, 21,90€