いよいよ来年からはユーロ。

 アデュ、フラン !  1350年に初めて金貨にラテン語で「フラン」と刻まれて以来、650年間フランスのアイデンティティそのものを体現してきたフラン通貨が2002年1月1日から姿を消し、ユーロの時代が始まる。EU12カ国は、欧州史上初めての共通通貨導入までの準備期間内に、国民をユーロに親しませるためのキャンペーンに本腰を入れ始めている。
 が、はたして一般市民がどのくらいユーロに関心をもっているかというと、昨年11月の世論調査(CSA)で53%は「慣れるのがむずかしく時間がかかりそう」と、新通貨への期待も興奮もたいして抱いていないよう。フランス中央銀行が年頭に発表したユーロ・ガイド*を順に追ってみよう。ユーロとともに21世紀に突入 !

■2001年1月1日より
 電気・ガス公社発行の請求書は、従来フランの後に小さくユーロ額が記載されていたのが、明細も合計もユーロ、合計だけ小さくフランが記されており、2001年12月末まではフランで決済される。
 ユーロ建て(フランを並記)の給料表を出す企業も増えるが、実際の給与は2001年末までフランで支払われる。
■2001年4月より
 ユーロ建て小切手帳の普及開始。クレディ・リヨネ銀行などは2001年末までフランとユーロ建ての2種の小切手帳を供給。
■2001年7月1日より
 個人使用の小切手帳を申請すると自動的にユーロ建ての小切手帳が供給される。
特別に指定すればフラン建て口座と小切手帳を2001年末まで使用できる。商店ではユーロ建て小切手またはカードで支払える。年末まではフランでも決済できるがその場合、1euro= 6.55Fで換算される。

■2001年12月15日より

 ユーロ硬貨の供給開始。1包 :15.25C (100F相当)分の新硬貨40個が入っている袋を銀行や郵便局で購入でき、2002年元旦より使用できる。

■2002年1月1日
 7種のユーロ紙幣(5, 10, 20, 50, 100, 200, 500 euro)と硬貨8種(1, 2euro,1,2,5,10, 20, 50cents)の使用開始。ただし現金払いなら、2月17日24時までフランが使える。この両通貨併用期間中、客はおつりをフランで請求できるが、店がユーロで返したら拒否できない。例えば、 代金15 euroを100F札で払う場合、100F=15.24 euroと換算されるので0.24 euroのおつりが返ってくる。

 小切手、カードによる支払いや送金は全部ユーロに統一され、自動引き出し機からは主に20euroの札(131.19F)が出てくる。

■2002年2月17日以降

 6月30日までに行きつけの銀行でフランをユーロに換えるか口座に振り込む。中央銀行なら硬貨は3年間、紙幣は10年間ユーロに換えてくれます。(君)

*3~9月に3000万部が各郵便受けに配布される。


フランをユーロに換算してみると

0.46euro 切手 (3F)
0.61euro バゲットパン (4F)
0.84euro コーヒー (5.5F)
1.06euro ガソリン1l.(7F)
1.14euro 日刊新聞 (7.5F)
7.62euro 映画館入場料 (50F)
19.82euro CD (130F)
*公定換算率:1euro =6.55957F