バルビー裁判放映中。

 1987年に、リヨンの元ナチス親衛隊長だったクラウス・バルビーの裁判が行われ、無期懲役判決が下されました。この裁判の全貌が185時間にわたって撮影され、そのうちの70時間分が12月3日まで毎日、ケーブルテレビ局の “Histoire (歴史)” で放映されています。この公判によって、それまで知らなかった多くのことを学べると思います。
 1940年の敗北を認めてドイツと休戦した後、ヴィシー政権はナチス協力政策をとり、多くのフランス人を破滅させました。歴史を記憶する仕事はこれからも必要です。

 1995年シラク大統領は、終戦以来大統領としては初めて、ヴィシー政権がフランス国家であったことを認めました。ジョスパン首相も同じ行動をとりましたが、まだまだ広大な仕事が残っています。その仕事に比べれば、クラウス・バルビー裁判と1998年のモーリス・パポン裁判は、ほんの一部でしかなかったのです。
 クラウス・バルビーはナチス親衛隊長としてユダヤ人の逮捕と監禁を積極的に行いました。レジスタンス指導者だったジャン・ムランを逮捕しました。この事件はフランスの深い傷ですからクラウス・バルビーの公判は大切なことだったのです。これを放送することにより、ケーブルテレビ局 “Histoire” は集団意識を編み出しています。将来、モーリス・パポン裁判も放映した時に初めて、フランスは第二次世界大戦の終わりに本当に到達するのです。(クロード)

12月3日まで/18h15 (2時間番組)
再放送 : 23h45、翌朝8h15
www.histoire.fr


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る