ミシェル・シッフルさん Michel Siffre 一 エロー県にあるクラムーズの洞窟で70日間を一人で過ごした。


“Sur terre, on est toujours stimulé. La nous n’avons rien, aucun repère.(…) C’est impossible, au réveil, de savoir si on a dormi cinq minutes, deux heures ou huit heures.” 
 「地上では常に刺激があるが、地下では手がかりになるものがまったくない。目が覚めたときに、5分寝たのか、2 時間寝たのか、8 時間寝たのか、まったくわからない」と語るミシェル・シッフルさん (61) は、エロー県にあるクラムーズの広い洞窟で、時計なしの孤独な70 日間を過ごして、2月14日、地上に無事帰還した。
肛門内には体温計など、体のあちこちが地上の測定器と連結されていたために、ひげ剃りもままにならず、帰還して最初にやったことはひげを剃って95歳になる母親に電話をかけることだった。「唯一の不安は母に地上で再会できるかどうかだった。彼女は、マスコミが私を科学者として認めてくれたと喜んでいた」
これまでも110mの深さの地下氷河で2カ月間、あるいはテキサスの洞窟で200日間以上過ごしたりしたが、冒険者扱いにされることが多かった。「今回は地下の温度を10万回以上記録したことが成果」
彼は地上でも一人住まいだ。(真)