ジョゼ・ボヴェさん Jose Bove “アンチ・マクドナルド” のデモで逮捕され一躍ヒーローになった。




“Si la lutte pour une nourriture sainte et une agriculture propre nécessitent que des paysans soient en prison, alors je reste en prison.”
 米国の欧州農産物輸入規制に抗議して、Confédération paysanne (農民連合) に加わっている人たちが、8月12日、ミヨー市で建設中のマクドナルドを襲って大損害を与えた。8月19日、農民連合の創立者の1人、ジョゼ・ボヴェさん (46) が自首。「健康な食品ときれいな農業のための闘いに、農民が拘留される必要があるなら、私は刑務所に残る」と発言して、マスコミの脚光を浴びた。9月7日、ようやく自由の身になった。
 ボヴェさんは、ボルドー生まれの都会人だったが、徴兵忌避のあと、1974年21歳の時に、ラルザック地方の軍事基地拡張反対闘争に加わって、水道も電気もなかった基地建設予定地に住み着き、羊中心の酪農を始めた。1987年には中小農家の声を代弁する農民連合を創立。1995年には、フランスの核実験に抗議してポリネシアにまで出かけている。
 共産党のリュマニテ祭でも、ボヴェさんは大喝采を浴びていた。( 真)