LA BAUTA –イカ墨食べるならベネツィア・レストラン

 ”イカ墨” はすっかりお馴染みなのだけれど、これがベネツィア料理のものだと知らなかった方も多いのでは。La Bauta はパリで唯一、イカ墨料理をスペシャリテにしたベネツィア・レストラン。
 まずは程よく冷えたベネツィア・ワインのアペリティフ「fragolino」の口に広がるイチゴの香りに驚きながら、運ばれて来た黒板を見る。前菜、パスタ、メイン合計9つの料理は、いずれも今朝の仕入れによって決まるお薦めの品。すべてイタリア語で書かれているので、解説をお願いすると「2人用に少しずつ取り分けてもいいです」といううれしい提案。
 そこで私たちは、野菜と魚介のアンティパストを取り混ぜてもらう。野菜は独自の味とTrevisoというハーブを生かしたマリネ風。塩の効いたタラの身をほぐしてオリーブオイルで混ぜただけという(クリーム和えのよう)パテも珍しい。
 次は「早く食べて」とご自慢のタリアッテレ・カカオ風味(108F)。これはパスタ生地にカカオとイカ墨を練り混んだ自家製で、カカオの微妙な苦みが魚介のだしや、またホタテ貝やイカの小さな切り身の歯ごたえと一緒になって美味。定番のイカ墨スパゲティ(92F)もある。 メインには小イカのファルシ (115F)とイカの墨煮風(115F)を少しずつ、ポレンタを付け合わせに。イカの墨煮は程よい柔らかさとソースの味が抜群。今回は軽い白ワイン「olivieto」だったが、赤の軽いワインもいい。
 デザートにはグラッパに浸したブドウ(55F)がお薦め。昼は前菜、パスタ、メインで130Fのメニューもあります。 (紀)
*La Bauta : 129 bd du Montparnasse 6e
01 43 22 52 35 土昼・日休


Pas cher
● Mo Jung
 時々、ピリ辛のキムチをおかずにあったかーいご飯をかっこみたくなることがある。こういう時は、13区の韓国料理のお惣菜屋さんに駆け込む。
 中華街では、白菜のキムチを見かけるようになったけれど、この店にはキュウリや大根などの野菜ものから、はてはイカやエイまで様々なキムチが20フラン単位と安い。とーっても辛いので、私は野菜を足して味を薄める。ますます量が増えて徳した気分です (せこい!)。3種類くらいのキムチがあれば、ご飯3杯は軽い。焼き肉セットや魚の韓国風鍋はメニューの中で一番高い40フラン。極めつけは、栗の粉で作られた葛もち、というか栗もち。プルンとしていて舌触りが最高。これも唐辛子ソースで食べる。 ( 章)
*27, rue du Moulin des Pres 13e