雇用支援政策は一部継続

3/15

 カステックス首相は労使団体と協議後、今後の雇用支援措置を発表した。2019年から実施中の法定最低賃金(SMIC)3倍までの労働者に企業が1千€の賞与を出せば、それに対する税金・社会保険料が免除される「マクロン賞与」は今年も継続(賃金基準は未定)。労働者との利潤還元協定がある企業は2千€まで可能。若者雇用(3ヵ月以上)1人につき4千€の支援金は4月以降はSMIC1.6倍までの雇用に限定され、5月末に終了。職業訓練契約を結ぶ企業に未成年、成人1人につき各5千€、8千€支給される支援金は今年末まで継続する。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る