転職法案、国民議会可決


6/19
職業訓練・失業給付に関する「将来の職の選択自由法案」が国民議会で可決された。上院審議は6月末。被雇用者の職業訓練積立制度は時間でなく金額の積立となり、年500ユーロ取得できる(上限5千ユーロ)。転職のための長期研修が必要な人は地域圏に支援と休暇を申請できる。明確な職業訓練・転職計画を持つ自主退職者には失業手当を支給。年1万ユーロ以上の収入で倒産した場合のみ、自由業者も月800ユーロの失業手当が半年支給される。熱心に職探しをしない失業者の監視も強化され、職安の監視員が200人から2020年までに1000人に増員される。