被害にあった医師

2018年に罵倒されたり、肉体的暴力を受けたり、現金や処方箋用紙を盗まれたりなどの被害にあった医師は、1126人に達した( 2017年より9%増)。原因は、診断を拒まれた、思い通りの処方箋や病欠をもらえなかった、待ち時間が長すぎたなど。被害者の約7割が都市中心部や郊外の開業医。