腹の虫がおさまらない

「メランションは、マルセイユっ子に見られたくて仕方がない。そのうち、ペタンクをやったり、パスティスを飲むようになるだろう。恥ずかしいことだ」

 

左派戦線党のジャン=リュック・メランションは、これまでの地盤だったエッソンヌ県を離れブッシュ・デュ・ローヌ県の第4選挙区(マルセイユの都心部を含む)から国民議会選挙に立候補し当選した。腹の虫がおさまらないのは前回同選挙区で当選した地元出身のパトリック・メヌッチ社会党候補。5月12日に上記の発言。メヌッチ候補は第1回投票で敗退。