南の島のポークカレーを作ってみよう。

 

 

Riz à la créole

クレオール風(=西インド諸島風)ライスといっても、多くのフランス人もこのやり方で米を炊く。アミドンが少なめの粒の長い米 riz longを、4人分なら250g~300g、水洗いしてパソワールにとる。大きめの鍋に水4リットル、塩大さじ1杯ちょっとを入れて沸騰させ、米を加え、再沸騰するまで絶えず混ぜ合わせる。沸騰してからもときどきかき混ぜながら、米がよく煮えるまで20分前後火を通したらパソワールにあけて水気を切る。これを鍋にとり、バターを適量加えて混ぜ合わせればでき上がり。

 

 

Gombos à la tomate

南の島の人たちはオクラgombo好き。日本人にもそのねばりがうれしい一品だ。へたを切り落としたらさっと塩ゆでにする。歯ごたえを残したいなら3分くらいでパソワールにあけ、冷たい水をかけながら熱をとる。玉ネギはみじん切り、トマトは湯むきし、種の水っぽい部分をのぞき、あらくきざむ。鍋に油をとり、玉ネギとトマトを入れ、溶け合うようになるまで炒めたら、オクラを加え、押しつぶしたニンニクを加え、塩とコショウで味を調える。
4人分:オクラ250g、玉ネギ1個、トマト1個、ニンニク2片、油、塩、コショウ。

1 2

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る