ヴァラドンと、同世代の女性画家彫刻家たち 1880-1940

“Valadon et ses contemporaines”

 「家族の肖像」(1912)油彩
 「家族の肖像」(1912)油彩
Musée d’Orsay, dépôt au Musée national de l’art moderne – Centre Pompidou

 トゥールーズ=ロートレックやルノワールなどのモデルを務め、自らも画家として大成し息子ユトリロにも絵の手ほどきをしたシュザンヌ・ヴァラドン(1865-1938) を中心に、彼女と、同世代のアーティストに焦点を当てた展覧会。カミーユ・クローデル、マリー・ローランサン、ソニア・ドロネーなどのほか、当時活躍しながらも美術史から忘れられた女性アーティスト50人を紹介する。

マリー・ローランサン「自画像」© Ville de Grenoble, Musée de Grenoble. JL Lacroix.

国立美術学校が女子を受け入れるようになったのは1897年だが、ヌードモデルのデッサンが許されたのは1901年。1965年まで夫の許可なしには仕事ができないなど限られた自由のなか、芸術表現を通して社会の表舞台にたった女性たちの作品と軌跡をたどる。

 展覧会はオンラインで見学可。美術館が再開したら行ってみよう。展示は6月27日(日)まで。パリ・リヨン駅から直行で2時間弱。乗り換えで3時間とちょっとだ。

Suzanne Valadon (1865-1938)1885. Paris, Bibliothèque Marguerite Durand.



Monastère royal de Brou

Adresse : 63 bd de Brou, Bourg-en-Bresse
TEL : 04 74 22 83 83
URL : http://www.monastere-de-brou.fr/

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る