フランスにおける新型コロナウイルスの状況(3月7日)。

 3月6日、フランス厚生省で行われたコロナウィルスに関する定例記者会見で、フィリップ首相は、フランスの感染者数は577人。死者は9人(7日8時には、感染者数は613人に増加)と発表。

集団感染が認められたのは6県(オワーズ県、ヴァル・ドワーズ県、モルビアン県、オ・ラン県、バ・ラン県、オート・サヴォア県)。現在は、警戒レベルは3段階の「2」(海外渡航者からの感染だけではなく、そうでない人の間での国内での感染が認められる状態)。

・政府は消毒アルコールの価格上限を設定。50mlの消毒アルコールを2ユーロ以上で売ることは禁止。また、医療関係者用のFFP2タイプのマスクの在庫を政府が徴集。薬局でも処方箋がある人のみマスクを買うことができる。

・オワーズ県とオ・ラン県の2県は、警戒レベル「2強」、3月9日(月)から15日間、保育園、幼稚園、小中高校が閉校。

・海外への修学旅行などは見合わせ。

・3月4日から5月31日まで、5000人以上の集会(特に屋内)は禁止となっており、すでに見本市、屋外でも大人数が参加するマラソンなどスポーツイベントが中止、または延期。

政府は、情報センターの番号0800-130-000と、感染リスクの高い場所に行った後で熱、咳、呼吸困難、などの症状がある人は、病院の救急には行ってはならず、まず電話「15」に連絡するよう喚起。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る