バカロレア改革の骨子

1/24
高校の教育課程とバカロレア(大学入学資格試験)の改革の報告書が教育相に提出された。今後教育界との協議を経て2月14日に改革案が閣議に提出される。仏紙が報じた改革骨子によると、高校2年での文系、社会経済系、理系の進路選択が廃止され、代わりに2科目ずつの「重要科目」と「マイナー科目」選択となる。バカロレアは高2で2科目、高3では30分の口頭試問と哲学を含む4科目で、従来の約10科目から大幅に減る。他科目は平常点で評価される。実施は2021年度からの予定。教師組合からは反対の声が上がっている。