ノートルダム再建に国民の声

フランク・リステール文化相。

5/3

 リステール文化相は、パリのノートルダム大聖堂の再建案を決める際に、国民の意見を汲み上げる制度を設けるとTVインタビューで明らかにした。

大聖堂の火事の直後、政府は焼け落ちた尖塔の再建のために国際コンペを行うと発表しており、尖塔が以前と同じになるか現代建築を取り入れたものになるかはまだわからない。4月末の世論調査によると、国民の54%が以前のままの修復を希望している。

同日、文化相は12月に黄色いベスト運動のデモで一部破壊された凱旋門内部の修復が120万€かけて完了したと述べた。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る