ノートル・ダム・デ・ランド占拠者強制排除

272人

 4月9日に開始されたノートルダム・デ・ランド空港旧建設予定地からの占拠者強制排除で、催涙弾などが1万発以上発射され、負傷者が占拠者側272人(重傷10人)に。憲兵隊側は約70人(治療に当たった市民団体による数字)。ニコラ・ユロ環境相は「憲兵隊の控えめさに敬意」と語った。どこが「控えめ」?