カルフール、2400人削減

1/23
小売大手カルフールは、2022年から20億ユーロの経費節減を目指す「カルフール2022」計画の一環として、仏本社で2400人の希望退職を募ると発表した。また、14年に買収した旧ハードディスカウント「ディア」の273店舗を売却または閉店し、新本社ビルの建設計画撤回、国内ハイパーの売場面積を5%縮小するほか、22年までに28憶ユーロを投資して食品のネット販売率を20%にまで高める。さらに、中国のネットサービス企業テンセント、小売大手の永輝超市と資本・業務提携し、中国市場を拡大する方針だ。