第11回KINOTAYO現代日本映画祭

『バンコクナイツ』© Bangkok Nites Partners 2016

邦画の豊かさをアピールする最良の布陣

 2006年以来、フランスで現代日本映画の豊かさを伝え続けるKINOTAYO映画祭。「KINOTAYO」という謎の響きは、日本語の「金の太陽」をフランス人も読めるようにした言葉だ。本映画祭のコンペティション部門で頂点を極めれば、最高賞「金の太陽/ソレイユ・ドール」が授与される。

 今年は例年より1ヶ月半ほど遅めの開催となった。パリでは1月6日(金)から16日(月)までがル・クラブ・ドゥ・レトワール、1月10日(火)から21日(土)までがパリ日本文化会館(MCJP)がメイン会場。

 またKINOTAYOは地方の映画ファンにも映画を届けることを忘れぬ貴重な映画祭。今年はカンヌ、ポー、サン=マロ、ストラスブール、リヨンなどでも上映が予定されている。

 11年目を迎える本イベントで、これまで紹介した邦画は193本。うち半数以上が他の映画祭でも受賞した作品だという。「質の高い作品を積極的に紹介する」という心意気の現れだろうが、今年のKINOTAYOはさらにこの傾向が強まっている。コンペティション部門に選ばれた9本は、現代日本映画の今を追いかける映画ファンの間では、すでに面白さがお墨付きの作品ばかりなのだ。

『ハッピーアワー』© 2015 KWCP

 昨年のロカルノ映画祭で最優秀女優賞を獲得した濱口竜介監督『ハッピーアワー』(317分!)、今年のロカルノで若手審査員最優秀作品賞を受賞をした富田克也監督『バンコクナイツ』と、新鋭監督コンペティション部門の最優秀新人監督賞を受賞した真利子哲也監督『ディストラクション・ベイビーズ』、さらにキネマ旬報ベスト・テンで邦画第一位となった橋口亮輔監督『恋人たち』など、国内外の映画祭で栄えある賞を獲得してきた作品が綺羅星のように並んでいる。だから見方によっては「この秀作をまだ競争させるの?」と、ちょっと不思議に見えなくもない。だが、まずはフランスに住む一般の映画ファンに、邦画の豊かさをしっかりアピールするための最良の布陣となっていることは間違いないのだ。

 他にもドキュメンタリー界の頼れる兄貴・想田和弘監督『牡蠣工場』、V6・森田剛の主演に舌を巻く俊英・吉田恵輔監督『ヒメアノ~ル』、『淵に立つ』でカンヌ受賞の快挙を達成した深田晃司監督の近未来SF『さようなら』、パレスチナ革命に飛び込んだアングラ界の生きた伝説・足立正生監督『断食芸人』、才能溢れる注目の女性監督の筆頭・横浜聡子監督『俳優亀岡拓次』と、作品のジャンルやスタイル、監督の個性に至るまで、まさに「九者九様」と呼ぶべき全9本。しかし共通するのは見る人の感性を揺さぶり、深く記憶に刻まれるような作品ということ。自信を持ってお勧めしたい秀作ばかりである。 

 映画祭期間中は監督やプロデューサーが渡仏しKINOTAYOを盛り上げる予定なので、ゲストが来場する日を狙って応援に駆けつけよう。(瑞)


第11回KINOTAYO現代日本映画祭
La festival du cinéma japonais contemporain KINOTAYO
日程の詳細は公式サイトでご確認をhttp://www.kinotayo.fr/

●コンペティション部門9作品と来仏ゲスト
深田晃司監督『さようなら』SAYONARAM/ゲスト:深田晃司監督
横浜聡子監督『俳優 亀岡拓次』THE ACTOR/ゲスト:遠藤日登思プロデューサー
吉田恵輔監督『ヒメアノ~ル』HIME-ANOLE/ゲスト:吉田恵輔監督
想田和弘監督『牡蠣工場』OYSTER FACTORY/ゲスト:想田和弘監督
橋口亮輔監督『恋人たち』THREE STORIES OF LOVE
濱口竜介監督『ハッピーアワー』HAPPY HOUR/ゲスト:高田聡プロデューサー
足立正生監督『断食芸人』ARTIST OF FASTING
富田克也監督『バンコクナイツ』BANGKOK NITES/ゲスト:富田克也監督
真利子哲也監督『ディストラクション・ベイビーズ』DESTRUCTION BABIES

オープニング作品
深田晃司『淵に立つ』HARMONIUM

●クロージング作品
新海誠『君の名は。』YOUR NAME.

パリ会場

1月6日(金)~16日(月)
Le Club de l’Etoile(ル・クラブ・ドゥ・レトワール)
14 rue Troyon 17e
Charles De Gaulle Etoile駅 (メトロ1・2・6番線/RER A線)

1月10日(火)~21日(土)
Maison de la culture du Japon(パリ日本文化会館)
101 bis quai Branly 15e
Bir-Hakeim駅 (メトロ6番線)
Champ-de-Mars Tour Eiffel駅 (RER C線)

地方はCannes, Le Cannet, Pau, Saint- Malo, Strasbourg, Marly-les-Metz, Lyon, Vendômeなどで開催